2010年9月20日

横浜のバス交通

 横浜カーフリーデー2010&モビリティウィークの関連イベント「横浜のバス交通を考えるシンポジューム」に参加しました。シンポジウムは、横浜のバス交通の将来を見据えて、市民・交通事業者・行政の協働について考えるものでした。内容については、第1部は横浜市による施策紹介、学識者による講演、第2部は市民 ・バス事業者・学識者・行政のパネリストによる議論でした。
 モビリティマネージメントとは、過度なマイカー利用を避けて公共交通の利用に移行することです。マイカー利用は私的交通の代表「ドア・ツー・ドア」の連続性が高いものです。それに対して公共交通はいくつかの交通手段から成立つため、乗換え等よる「移動の連続性の途切れ」が生じます。その乗換えによって生じるそ「連続性の途切れ」の抵抗感(スムーズに行かない)への対応であるシームレス化と考えます。また、今回はバス停以降の話でありましたが、バス停までの移動も課題であると考えます。
 また、シンポジュームの詳細は次の通りです。第1部は、行政の施策紹介「横浜市の交通政策について」、基調講演を「『民・民協働』を通じたバス交通の活性化に向けて」と題して、京都大学大学院の藤井 聡教授が行いました。 第2部は、パネルディスカッションでした。 コーディネータは、基調講演者の藤井 聡氏で、パネリスト は、堀 康紀氏((社)神奈川県バス協会(神奈川中央交通 常務取締役)) 山崎洋子氏(作家) 、小松ア隆氏(横浜市副市長) 、大内えりか(横浜カーフリーデー実行委員長) の方々でした。

投稿者 高橋まさはる : 23:53 | 研鑽のこと | - | -

2005年10月24日

政策調査

事務局の方々と政策調査に関する検討会を行う。
横浜市との比較対比から始め、横浜市政の発展に必要な項目を明確にする。

投稿者 高橋まさはる : 22:39 | 研鑽のこと | - | -

2005年9月16日

自治体学講座

(財)横浜市政調査会の自治体学講座/自治体の「主体形成」と今後の展望に参加した。「住民と市民」、「直接民主主義と市民参加」、「市民参加の意味と段階」、「法人市民、NPO」、「“市民の政府”の必然性と可能性」、「“市民の政府”の条件」等についての講義と意見交換と来月が楽しみになる講座だった。
その後は、緑区若手経営塾の定例会、いつもの仲間と合流した。
様々な意見交換は、「気付きの機会(チャンス)」として大切にしたいと想う。

投稿者 高橋まさはる : 23:32 | 研鑽のこと | - | -

2005年4月13日

観光周遊バス

観光スポット周遊バス「あかいくつ」コースを視察した。
バスの車窓から見えた、曇り空のヨコハマの街には修学旅行の子ども達の元気な姿があった。

ちなみに、5台あるバスのナンバーは総て「150」番です。それは、開港150周年を意味しています。

投稿者 高橋まさはる : 18:08 | 研鑽のこと | - | -

2005年4月8日

LOUVRE

ルーヴル美術館展の特別観覧にでかけた。(出展作品73点)
多くの作者の全魂を打ち込んだ一念を感じる作品に出会えた、嬉しいひと時だった。

文化とは人間を尊重し、人間を基盤とするものでなければ歴史の審判に耐えられない。との先人の言葉を思い出した。

写真は、「ルーヴル美術館展 19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へ」の図録

投稿者 高橋まさはる : 21:02 | 研鑽のこと | - | -

2005年3月30日

麻生花児歌曲の夕べ

第21回麻生花児歌曲の夕べが、東京オペラシティで開かれた。
継続は力なり、21年の歴史に凄さを感じつつ、知人の一人として参加させて頂いた。
麻生先生曰く、「初めての花粉症の影響で声が出なかった…」とのことだったが、アンコールの“オーソレミヨ”まで全19歌曲、すばらしい歌声と想った。夏の再会が、楽しみである。

投稿者 高橋まさはる : 23:50 | 研鑽のこと | - | -

| Top


ホームブログ政策実績プロフィールツイッターメルマガGBRV よこはま議会録タウン