2019年4月30日

公明新聞(20190430)

「長年のご精励に敬慕の念」公明党山口代表が謹話(2019/04/30 1面)

 一、天皇陛下は、長きにわたり、日本国及び日本国民統合の象徴として、皇后陛下とご一緒に、わが国の平和と繁栄に心を砕いてこられました。その筆舌に尽くし得ぬ、ご精励に、心なる敬慕の念を抱いてまいりました。謹んで感謝申し上げます。

 一、特に、平成は災害が相次いだ30年間でした。阪神・淡路大震災や東日本大震災など、多くの自然災害に見舞われましたが、現地の救援活動にお気遣いをされながらも、被災地をお見舞いになられ、犠牲になられた人々を懇ろに追悼して下さいました。そして、多くの悲しみに遭遇しながらも、耐え抜いてこられた人々の心に寄り添い、被災者お一人お一人に声をかけられたお心のこもった激励は、多くの被災者の勇気となり、希望となりました。また、被災地のみならず地方へ赴かれた時も多くの人々に、話しかけられ、その声に耳を傾けて下さいました。

 さらには慰霊の旅を続けてこられた両陛下の平和への不変の覚悟を、その行動で示されました。こうしたお姿は、国民の心に深く刻み込まれております。

 一、公明党は、天皇陛下・皇后陛下が本日まで、お一つお一つのご公務について、全身全霊をもって成し遂げられたご意志を尊び、ここに改めて、わが国と世界の人々の幸福と平和のためにまい進することをお誓い申し上げます。

 天皇陛下、皇后陛下の御健康と皇室の御繁栄を心からお祈り申し上げます。

 平成31年4月30日

投稿者 高橋まさはる : 08:08 | 新聞の報道 | - | -

| Top


ホームブログ政策実績プロフィールツイッターメルマガGBRV よこはま議会録タウン